紅谷手作りmovie

 

紅谷のお菓子は、全て人の手で作られています。

手作りだから、「伝わる想い」があると信じています。

そして、私達の菓子が「広がる縁-enishi-」となることを願って。

紅谷手作りmovie

 

紅谷のお菓子は、全て人の手で作られています。

手作りだから、「伝わる想い」があると信じています。

そして、私達の菓子が「広がる縁-enishi-」となることを願って。

紅谷手作りmovie

 

紅谷のお菓子は、全て人の手で作られています。

手作りだから、「伝わる想い」があると信じています。

そして、私達の菓子が「広がる縁-enishi-」となることを願って。

会社案内|挨拶

ご挨拶

 

日頃より弊社商品につきまして格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

鎌倉紅谷は昭和29年、現在も本店がある鎌倉市雪ノ下の地で創業致しました。

 

ここ鎌倉の風情や文化に、縁あるお菓子でありたい。
手作りのおいしさで、お客様の想いを何よりも大切にする企業でありたい。
そんな気持ちで、今日までお菓子作りに取り組んでおります。

 

鎌倉紅谷の菓子には、ひとつひとつ表情があり、お客様においしくお召し上がり頂くひと時を願う気持ちがこもっています。

おかげさまで、たくさんのお客様にお喜び頂いてまいりました。

今後はチョコレートケーキなど、今までチャレンジすることのなかったジャンルのお菓子作りにも取り組んでいきたいと考えております。

 

私どもの目標は、『ただ菓子を作って売る』のではなく、
◎お客様の感動を、おいしいお菓子を通してどのように創造していくかを常に考え、チャレンジし続けていく
◎ただの土産菓子ではなく、真の「ギフト」であり「勝負菓子」として選び続けていただく
ということです。

技術研磨だけでなく、様々なサービスを強化していく事で、お客様の感動度をより高めていけるようなチャレンジを今後も続けて参ります。


株式会社紅谷 代表取締役 有井宏太郎

ご挨拶

日頃より弊社商品につきまして格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

鎌倉紅谷は昭和29年、現在も本店がある鎌倉市雪ノ下の地で創業致しました。

 

ここ鎌倉の風情や文化に、縁あるお菓子でありたい。
手作りのおいしさで、お客様の想いを何よりも大切にする企業でありたい。
そんな気持ちで、今日までお菓子作りに取り組んでおります。

 

鎌倉紅谷の菓子には、ひとつひとつ表情があり、お客様においしくお召し上がり頂くひと時を願う気持ちがこもっています。

おかげさまで、たくさんのお客様にお喜び頂いてまいりました。
今後はチョコレートケーキなど、今までチャレンジすることのなかったジャンルのお菓子作りにも取り組んでいきたいと考えております。

私どもの目標は、『ただ菓子を作って売る』のではなく、
◎お客様の感動を、おいしいお菓子を通してどのように創造していくかを常に考え、チャレンジし続けていく
◎ただの土産菓子ではなく、真の「ギフト」であり「勝負菓子」として選び続けていただく
ということです。

技術研磨だけでなく、様々なサービスを強化していく事で、お客様の感動度をより高めていけるようなチャレンジを今後も続けて参ります。

株式会社紅谷 代表取締役 有井宏太郎

会社案内

ご挨拶

 

日頃より弊社商品につきまして格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

鎌倉紅谷は昭和29年、現在も本店がある鎌倉市雪ノ下の地で創業致しました。

 

ここ鎌倉の風情や文化に、縁あるお菓子でありたい。
手作りのおいしさで、お客様の想いを何よりも大切にする企業でありたい。
そんな気持ちで、今日までお菓子作りに取り組んでおります。

 

鎌倉紅谷の菓子には、ひとつひとつ表情があり、お客様においしくお召し上がり頂くひと時を願う気持ちがこもっています。

おかげさまで、たくさんのお客様にお喜び頂いてまいりました。

今後はチョコレートケーキなど、今までチャレンジすることのなかったジャンルのお菓子作りにも取り組んでいきたいと考えております。

 

私どもの目標は、『ただ菓子を作って売る』のではなく、
◎お客様の感動を、おいしいお菓子を通してどのように創造していくかを常に考え、チャレンジし続けていく
◎ただの土産菓子ではなく、真の「ギフト」であり「勝負菓子」として選び続けていただく
ということです。

技術研磨だけでなく、様々なサービスを強化していく事で、お客様の感動度をより高めていけるようなチャレンジを今後も続けて参ります。


株式会社紅谷 代表取締役 有井宏太郎

会社概要

 

  社 名  |  株式会社 紅谷
  事業内容 |  菓子製造販売、宿泊施設運営
  本 社  | 〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4  TEL:0467-22-3492
  営業所  | 〒236-0003 神奈川県横浜市金沢区幸浦2-23-1  TEL:0120-25-2187
  設 立  | 昭和29年10月
  資本金  
| 1,000万円
役 員  | 代表取締役 有井宏太郎
主要取引先| 三越伊勢丹、高島屋、そごう西武、他
取引銀行 | 湘南信用金庫、阿波銀行、三井住友銀行、みずほ銀行
加盟団体 | 鎌倉市観光協会、神奈川県銘菓共励会、鎌倉菓子組合、鎌倉旅館組合、鎌倉食品衛生協会

社 名  | 株式会社 紅谷

事業内容 | 菓子製造販売、宿泊施設運営

本 社  | 〒248-0005
神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4
TEL:0467-22-3492

営業所  | 〒236-0003
神奈川県横浜市金沢区幸浦2-23-1
TEL:0120-25-2187

設 立  | 昭和29年10月

資本金  | 1,000万円

役 員  | 代表取締役 有井宏太郎

主要取引先| 三越伊勢丹、高島屋、そごう西武、他

会社概要

 

  社 名  |  株式会社 紅谷
  事業内容 |  菓子製造販売、宿泊施設運営
  本 社  | 〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4  TEL:0467-22-3492
  営業所  | 〒236-0003 神奈川県横浜市金沢区幸浦2-23-1  TEL:0120-25-2187
  設 立  | 昭和29年10月
  資本金  
| 1,000万円
役 員  | 代表取締役 有井宏太郎
主要取引先| 三越伊勢丹、高島屋、そごう西武、他
取引銀行 | 湘南信用金庫、阿波銀行、三井住友銀行、みずほ銀行
加盟団体 | 鎌倉市観光協会、神奈川県銘菓共励会、鎌倉菓子組合、鎌倉旅館組合、鎌倉食品衛生協会

沿革

 

  • 昭和29年10月 鎌倉市雪ノ下1-12-4(現本社ビル所在地)にて菓子処「紅屋」創業
  • 昭和31年1月 合資会社 紅谷 に組織変更
  • 昭和50年5月 代表社員に有井弘臣就任
  • 昭和55年12月 神奈川県銘菓展にて「あじさい」最優秀賞受賞。神奈川県指定銘菓へ
  • 昭和59年3月 第20回全国菓子大博覧会にて「いちょうサブレー」副総裁賞受賞
  • 昭和62年6月 鎌倉市十二所772に十二所工場を設立
  • 平成6年   第22回全国菓子大博覧会にて「あじさい」名誉総裁賞受賞
  • 平成8年1月  本社ビル(通称 紅谷ビル)を竣工、新事業として「クラシカルホテルあじさい」をオープン
  • 平成12年   「いちょうサブレー」から「大いちょうサブレー」に改称
  • 平成20年   株式会社 紅谷 に組織変更。代表取締役に有井宏太郎就任
  • 平成23年1月 鎌倉市常盤362にクルミッ子専用工場として常盤工場を新設
  • 平成24年3月 第25回神奈川県名菓展菓子コンクールにて「クルミッ子」 最優秀賞受賞
  • 平成25年4月  ホテル客室の全面リニューアルと共に「クラシカルホテルあじさい」から「ホテルあじさい」に改称
  • 平成26年    コラボレート商品の販売を開始 ・「紅谷×chocolate」 ・「紅谷アイス」
  • 平成26年11月 神奈川新聞広告賞 特別賞受賞
  • 平成27年3月  鎌倉市十二所から横浜市金沢区幸浦に工場を新築移転
  • 平成27年9月  「アップルフィーユ」発売開始
  • 平成27年9月  神奈川県経営者福祉振興財団主催 かながわ産業Navi大賞 奨励賞受賞
  • 平成27年11月 「鎌倉だより」発売開始
  • 平成27年12月 第27回神奈川県名菓展菓子コンクールにて「鎌倉だより」 最優秀賞受賞
  • 平成27年12月 第27回神奈川県名菓展菓子コンクールにて「アップルフィーユ」 優秀賞受賞
  • 昭和29年10月 鎌倉市雪ノ下1-12-4(現本社ビル所在地)にて菓子処「紅屋」創業
  • 昭和31年1月 合資会社 紅谷 に組織変更
  • 昭和50年5月 代表社員に有井弘臣就任
  • 昭和55年12月 神奈川県銘菓展にて「あじさい」最優秀賞受賞。神奈川県指定銘菓へ
  • 昭和59年3月 第20回全国菓子大博覧会にて「いちょうサブレー」副総裁賞受賞
  • 昭和62年6月 鎌倉市十二所772に十二所工場を設立
  • 平成6年   第22回全国菓子大博覧会にて「あじさい」名誉総裁賞受賞
  • 平成8年1月  本社ビル(通称 紅谷ビル)を竣工、新事業として「クラシカルホテルあじさい」をオープン
  • 平成12年   「いちょうサブレー」から「大いちょうサブレー」に改称
  • 平成20年   株式会社 紅谷 に組織変更。代表取締役に有井宏太郎就任
  • 平成23年1月 鎌倉市常盤362にクルミッ子専用工場として常盤工場を新設
  • 平成24年3月 第25回神奈川県名菓展菓子コンクールにて「クルミッ子」 最優秀賞受賞
  • 平成25年4月  ホテル客室の全面リニューアルと共に「クラシカルホテルあじさい」から「ホテルあじさい」に改称
  • 平成26年    コラボレート商品の販売を開始 ・「紅谷×chocolate」 ・「紅谷アイス」
  • 平成26年11月 神奈川新聞広告賞 特別賞受賞
  • 平成27年3月  鎌倉市十二所から横浜市金沢区幸浦に工場を新築移転
  • 平成27年9月  「アップルフィーユ」発売開始
  • 平成27年9月  神奈川県経営者福祉振興財団主催 かながわ産業Navi大賞 奨励賞受賞
  • 平成27年11月 「鎌倉だより」発売開始
  • 平成27年12月 第27回神奈川県名菓展菓子コンクールにて「鎌倉だより」 最優秀賞受賞
  • 平成27年12月 第27回神奈川県名菓展菓子コンクールにて「アップルフィーユ」 優秀賞受賞

沿革

  • 昭和29年10月 鎌倉市雪ノ下1-12-4(現本社ビル所在地)にて菓子処「紅屋」創業

  • 昭和31年1月 合資会社 紅谷 に組織変更

  • 昭和50年5月 代表社員に有井弘臣就任

  • 昭和55年12月 神奈川県銘菓展にて「あじさい」最優秀賞受賞。神奈川県指定銘菓へ

  • 昭和59年3月 第20回全国菓子大博覧会にて「いちょうサブレー」副総裁賞受賞

  • 昭和62年6月 鎌倉市十二所772に十二所工場を設立

  • 平成6年   第22回全国菓子大博覧会にて「あじさい」名誉総裁賞受賞

  • 平成8年1月  本社ビル(通称 紅谷ビル)を竣工、新事業として「クラシカルホテルあじさい」をオープン

  • 平成12年   「いちょうサブレー」から「大いちょうサブレー」に改称

  • 平成20年   株式会社 紅谷 に組織変更。代表取締役に有井宏太郎就任

  • 平成23年1月 鎌倉市常盤362にクルミッ子専用工場として常盤工場を新設

  • 平成24年3月 第25回神奈川県名菓展菓子コンクールにて「クルミッ子」 最優秀賞受賞

  • 平成25年4月  ホテル客室の全面リニューアルと共に「クラシカルホテルあじさい」から「ホテルあじさい」に改称

  • 平成26年    コラボレート商品の販売を開始 ・「紅谷×chocolate」 ・「紅谷アイス」

  • 平成26年11月 神奈川新聞広告賞 特別賞受賞

  • 平成27年3月  鎌倉市十二所から横浜市金沢区幸浦に工場を新築移転

  • 平成27年9月  「アップルフィーユ」発売開始

  • 平成27年9月  神奈川県経営者福祉振興財団主催 かながわ産業Navi大賞 奨励賞受賞

  • 平成27年11月 「鎌倉だより」発売開始

  • 平成27年12月 第27回神奈川県名菓展菓子コンクールにて「鎌倉だより」 最優秀賞受賞

  • 平成27年12月 第27回神奈川県名菓展菓子コンクールにて「アップルフィーユ」 優秀賞受賞

紅谷ソーシャルメディア

鎌倉紅谷では

オフィシャルサイトの他に

Facebookを使用した情報発信と

お客様との交流を深めております。

是非ご覧頂き、お声をお聴かせ下さい。

紅谷ソーシャルメディア

鎌倉紅谷では

オフィシャルサイトの他に

Facebookを使用した情報発信と

お客様との交流を深めております。

是非ご覧頂き、お声をお聴かせ下さい。

紅谷ソーシャルメディア

鎌倉紅谷では

オフィシャルサイトの他に

Facebookを使用した情報発信と

お客様との交流を深めております。

是非ご覧頂き、お声をお聴かせ下さい。

経営理念 | 常においしさを追求し続ける。

       おいしいお菓子とサービスでお客様の笑顔を作る。

 

社 訓  | 昨日より今日をよりよくするための向上心を常に持つ。

       人の和なくしておいしいお菓子は作れない。

■経営理念

常においしさを追求し続ける。

おいしいお菓子とサービスでお客様の笑顔を作る。

■社 訓

昨日より今日をよりよくするための向上心を常に持つ。

人の和なくしておいしいお菓子は作れない。

経営理念 | 常においしさを追求し続ける。

       おいしいお菓子とサービスでお客様の笑顔を作る。

 

社 訓  | 昨日より今日をよりよくするための向上心を常に持つ。

       人の和なくしておいしいお菓子は作れない。