オンラインショップ

鎌倉紅谷の歴史

神楽坂から始まった
鎌倉紅谷の歴史

戦前、東京神楽坂に山手一といわれた和菓子舗紅谷がありました。戦後、腕利きの職人たちは、その看板を背負って全国各地で新たな紅谷を開きました。のちに有井弘臣と共に鎌倉紅谷を創業することになる有井鉄男も、その中の一人でした。昭和二十九年十月、鎌倉市雪ノ下十二番四号の北条泰時小町邸跡地に二人は力を併せて菓子処紅屋を創業し、同三十一年一月には合資会社紅谷となり現在に至ります。

鎌倉紅谷のお菓子は和の品格の中に洋の華やかさをもち、なにより古都鎌倉らしさを感じられるものであること。昨日よりも今日、さらに良き菓子をお客様にお届けするため、変わらぬ情熱を持って進化する美味しさを追求してまいります。

沿革

昭和29年 10月 鎌倉市雪ノ下1の12の4(現本社ビル所在地)にて菓子処「紅屋」を創業
昭和31年 1月 合資会社「紅谷」設立。代表社員に有井鉄男就任
昭和50年 5月 代表社員に有井弘臣就任
昭和55年 12月 第13回神奈川県名菓展菓子コンクールにて「あじさい」最優秀賞受賞。神奈川県指定銘菓へ
昭和59年 3月 第20回全国菓子大博覧会にて「いちょうサブレー」副総裁賞受賞
昭和62年 6月 鎌倉市十二所772に十二所工場を設立
平成6年 5月 第22回全国菓子大博覧会にて「あじさい」名誉総裁賞受賞
平成8年 1月 本社ビル(通称 紅谷ビル)を竣工、新事業として「クラシカルホテルあじさい」をオープン
平成12年 1月 「いちょうサブレー」から「大いちょうサブレー」に改称
平成20年 1月 株式会社 紅谷に組織変更。代表取締役に有井宏太郎就任
平成23年 1月 鎌倉市常盤362にクルミッ子専用工場として常盤工場を新設
平成24年 3月 第25回神奈川県名菓展菓子コンクールにて「クルミッ子」最優秀賞受賞
平成25年 4月 ホテル客室の全面リニューアルと共に「クラシカルホテルあじさい」から「ホテルあじさい」に改称
平成26年 9月 「紅谷アイス」発売
平成26年 11月 神奈川新聞広告賞 特別賞受賞
平成27年 1月 「beniya×chocolate」発売
平成27年 3月 鎌倉市十二所から横浜市金沢区幸浦に工場を新築移転
平成27年 9月 「アップルフィーユ」発売
平成27年 9月 神奈川県経営者福祉振興財団主催かながわ産業Navi大賞 奨励賞受賞
平成27年 11月 「鎌倉だより」発売
平成27年 12月 第二十七回神奈川県名菓展菓子コンクールにて「鎌倉だより」最優秀賞受賞、「アップルフィーユ」優秀賞受賞
平成29年 1月 横浜市保健所金沢福祉保健センターから食品衛生秀級施設に認定(幸浦工場)
平成29年 4月 株式会社紅谷から株式会社鎌倉紅谷に社名変更
平成29年 7月 「ホテルあじさい」閉館
平成29年 9月 横浜髙島屋店オープン

TOPへ戻る