Salon de Kurumicco

オンラインショップ

ご挨拶

日頃より私ども鎌倉紅谷をご愛顧くださり、誠にありがとうございます。

この度私ども鎌倉紅谷は、更なるおいしさの追求と、より多くのお客様に喜んでいただけるお菓子とサービスをご提供するため、65年目の創業記念日にあたる平成30年10月20日よりブランドリニューアルを行い新たなスタートを踏み出しました。

創業以来培われてきた私どもが誇りと考えている企業風土や企業文化など、企業として継承し続けなければならないものを守るため、常に新しいチャレンジを続ける企業こそが真の成長企業であり老舗になれるのだと信じています。ゆえに私どもは新たなスタートと共に様々なチャレンジを重ね、お客様にとってもスタッフにとっても喜んでいただける企業づくり、商品づくりを続けていく所存です。

おかげさまで鎌倉紅谷は昭和29年に和菓子職人だった初代と、洋菓子職人だった先代が共に創業して以来、お陰様で今日まで65年間歩んでくることができました。「おいしいお菓子だからこそできること」を追求した創業者たちのスピリットを、現在の経営理念である「常においしさを追求し続ける」「心を込めたお菓子とサービスで『笑顔』と『しあわせ』をつくる」に受け継ぎ、おいしさへのこだわりをこれからも貫き続けて参ります。

例えば、大変好評をいただいております「クルミッ子」。現在職人の手づくりで丁寧に作られていますが、これはなにも手作りにこだわっているわけではなく「一番おいしくできる作り方」を研究しおいしさにこだわった結果、手作りという方法を選択しているのです。

ではなぜおいしいお菓子作りにこだわるのか。
それは、私どもが「『おいしい』の先にある気持ちを一番大切にする菓子メーカー」を目指すと共に、「おいしいお菓子がもつ力」を次のように信じているからです。
まず、どんなにつらい時でも、食べたその瞬間だけはその気持ちをふっと忘れることができる。何か大きな挑戦をしなければならない時は、ささやかな応援や支えになれる力があるということ。
そして、もう一つ。ギフトとしてお使いいただいた際に、贈るかたにも贈られたかたにも、同じぐらい喜んでいただき、感動していただける力があるということです。
そのような力を持った「おいしいお菓子」を生みだし、ご提供していくことこそが私どもの使命と考えております。

お客様の笑顔や感動を生み出すためのチャレンジを、常にモチベーションの高い状態で続けていくことは決して容易なことではございません。スタッフ同士がお互いに助け合い、日々の努力を認め合うことこそが最も大切です。そして、一人ひとりが成長のチャンスを最大限に活かせる環境整備をしていくことは代表である私の大きな役割です。
これからも鎌倉紅谷スタッフ一同心を一つに、お客様への感謝の心を忘れることなく「『おいしい』の先にある気持ちを一番大切にする菓子メーカー」として、これまで以上に精進を重ねて参りますので、今後とも変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
有井宏太郎

TOPへ戻る